海老名市立今泉中学校
ホーム
学校概要
校歌・校章
沿革史
教育目標
年間計画
アクセスマップ
委員会・部活動
生徒の権利と義務
いじめ防止基本方針
(PDF文書)
登校許可確認書
〒243-0431
神奈川県海老名市
上今泉1840番地

TEL:046-233-6341
FAX:046-233-6142
2017年度 学校教育目標(知徳体)

「地域とともに生き、たくましく、しなやかに未来を拓く生徒の育成」

めざす学校像 【信頼される学校】
1.確かな学力の定着をめざす学校(授業の充実・指導法の改善)

2.豊かな心、健やかな体を育む学校(学年・学級・行事・生徒会・部活動)

3.安心安全な学校(安全管理・環境整備・事故防止・不審者対応)

4.地域とともにある開かれた学校

めざす生徒像 【社会に貢献できる人】
1.自主…自ら考え、正しく判断し、主体的に行動できる生徒

2.自立(律)…自らの行動に責任を持ち、自己実現できる生徒

3.協働…よりよい人間関係を基に、協調し行動できる生徒

4.共生…自他の生命を尊重し、広い視野で行動できる生徒

めざす教師像 【教育公務員としてのコンプライアンス】
1.学び続ける教師(意欲・気付く力・判断力・行動力のある教師)

2.あきらめない教師(指導に最後まで責任を持つ教師)

3.協働する教師(報告連絡相談・組織力・チーム対応・相談ができ、助け合える教師)

4.信頼関係を築く教師(対話を大切にする教師)

本年度の重点目標 *基本事項【あいさつ、時間、清掃】
(1)確かな学力の定着 (2)コミュニケーション能力の育成 (3)健全な心身づくり

I 確かな学力の定着をめざす学校
1.基本的な知識と技能の習得と、活用し、思考・判断・表現する能力をつけるための授業を実践する。
2.深い学びのための校内研究を実施する。
3.全領域で「言語活動」の研究を行い、実践する。
4.自己実現に向けてのキャリア教育を実践する。

II 豊かな心、健やかな体を育む学校
1.学級活動・行事・生徒会活動・部活動等を通して、自尊感情・自己有用感を育む。
2.生徒の自治力を育てるために計画的な指導を行い、生徒会活動を活性化する。
3.「ふれあい体験」を重視した取り組みを行う。
4.「人間関係作り」に力を入れ、個の力と集団の力を育成する。

III 安心安全な学校
1.学習環境を整え、安全教育を徹底し、計画的に点検し、学校事故防止に努める。
2.いじめや不登校について正しい知識を持ち、適切な対応に取り組む。
3.「いのち」を大切にした教育や防災教育に取り組む。
4.計画的・継続的に教育相談を行い、早期に適切な対応を行う。

IV 地域とともにある開かれた学校
1.学校運営協議会の検討と家庭力・地域力の活用をめざす。
2.学校評価を活用する。
3.PTAや自治会、行政・外部機関との連携を行う。
4.小中連携、一貫教育の推進をする。
▲このページの先頭へ
Copyright (C) 2010- Imaizumi Junior High School, All Rights Reserved.